腰痛が起きないように心がけたこと

腰痛は腰の部分に負担をかけるといつの間にか起きやすく、強くなれば椅子から立ち上がることだけでもつらくなります。腰の痛みは頻繁に背筋を伸ばすといつの間にか消え、スッキリした状態になって仕事をしやすくなって良いものです。腰痛は悪化するとヘルニアなどにかかり、手遅れになると入院をしないと厳しいとアドバイスをされたこともあります。このため、腰の部分に負担をかけないように姿勢を正し、パソコン作業をする際ににはストレッチをするようにしたものです。

腰痛が起きないように心がけたことは腰に負担がかからないように考え、頻繁に背筋を伸ばすなど工夫しました。猫背は前のめりの姿勢になるといつの間にか起きてしまい、腰に強い痛みが発生して気になって落ち着かなくなります。腰痛は自分自身で意識すると治せますが、そのためには最適な姿勢を把握して維持することが大事です。結局は、どのように意識するかが重要で、気を抜いておろそかにしてはいけないと感じました。